家探しは学校区が重要

アメリカで家を購入する場合、赴任などで移り住むために住居を探す場合だけに限らず、不動産投資を行う場合でも、学校区の選定が大変重要です。

アメリカ人は、他の国の人々と同様、子供の教育に熱心です。

日本と違って、子供たちは、高校までの義務教育期間、ほとんどの場合、公立学校に進みます。

住む場所ごとに、どの公立学校に通うかが決められている為、自分の子供たちをできるだけ良い学校に通わせてあげたいと願っている親たちは、できるだけ評価レベルの高い学校に通うことができる地区で住居を探します

つまり、おのずと、物件価格に差が出てくる可能性がでてきます。

購入物件もしくは住む予定の住居の学校レベルは、不動産販売会社に問い合わせれば、教えていただけます。

(参考情報)学校の評価を確認できるサイト

様々な民間機関がおのおのの基準で、それぞれの学校のレベルを算出し公表しています。その中でも、多く使われているのが、Great!Schools NPO だとのことです。

それぞれの学校を10段階評価で表示しています。検索窓に、ZIP code (郵便番号)住所を入力すると、もよりの学校名、評価レベルが、マップと共に、一覧表示されます。

(参考記事)保有物件の学校評価ランキングを調査

コチラもご参考にしてください。

保有物件の学校評価ランキングを調査

One Reply to “家探しは学校区が重要”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です